申込ブラック

申込ブラックはどのくらいの期間で何件でなる?

既に駄目になっている可能性も

金融系の言葉には独特の発展を遂げたものもあり、そのひとつが申込ブラックです。

これをひとことでいうと「申請をしすぎて新規の消費者金融を利用できなかったり、クレジットカードの審査にことごとく何件も落ちてしまう」という状態です。


この状態については普通にクレジットカードを利用していたり、消費者金融からお金を借りて返済を続けているというだけならばそう簡単に申込ブラックに陥るような現象ではありません。

実は、いろいろなところに短期間の間に登録すぎたために起こることです。

基本的に半年間に3回以上、新しいクレジットカードや新しい消費者金融に利用申請を行うと発生すると言われています。

ただ、実際にはその人の利用履歴や年収、社会的な信用度などによっても申込ブラックは左右されます。

消費者金融と住宅ローンの扱いは異なる?

このため、だいたい6ヶ月以内に新しいクレジットカードの発行を3回以上申し込んだり、何件も新しい消費者金融のカードローンに利用申請をするなどした場合、対処方法としては審査に通らなくなるということがあります。

この理由は、新規契約を短期間に何回もする人は滞納するリスクの高い申込ブラックではない人だと判断されるのです。

新規で登録をするというのは、今のローン枠やクレジットカードでは足りないために契約を行う人だと判断されるのです。

このため短機関に一度に何回もする人はそれだけお金が必要な人となり、そういう申込ブラックの人は総じて返済が途中で滞り、債務整理などの可能性が高くなる、と判断されがちなのです。

実はクレジットカードや各種ローンなどの新規申込履歴は信用情報機関に記録されます。

はっきり言って申込ブラックの状態は借りない方が良い

この信用情報機関とは、あなたの金融に関する履歴を保管し、何件もの金融機関からその情報を閲覧したいという問い合わせがあれば開示するという機能があります。

また、それぞれにスコアリングといってその履歴などの信用度をスコアとして数字で点数をつけており、その数字で信頼できる人かどうか、返済をしてくれる人かどうかを判断するのです。

記録される内容は様々で、クレジットカードやローンの支払をしっかりしているかという支払履歴や、新規契約の履歴などです。

特に申込ブラックについて関係があるのはやはり新規申請履歴でしょう。

この履歴は信用情報機関に半年間保持されます。

また、審査に通ったかどうか、付与されているキャッシング枠・ローン枠はいくらか、ということも申込ブラックだけでなく記録されています。

登録を受けたローン会社などはその半年間に履歴が多くないかを判断し、どんな対処方法でもその回数によっては審査に落ちることもあります。

どう頑張っても申込ブラックの状態では対処方法はないのか?

誰でもOKはどうなの?

申込ブラックになるとどんなことが起きるかというと、一般的には新しいローンやクレジットカードに申請をして審査落ちが頻繁に発生します。

これはとても審査が甘いといわれている会社でも落ちてしまうようになり、対処方法としてリスクの高いヤミ金などからしかお金を借りられなくなるというデメリットも含んでいます。

もちろんこのお金を借りる理由次第で配慮され、申込ブラックにならない状況もあるようです。

例えば住宅ローンを申し込んですぐの人がカーローンも申し込むのは悪いことではありません。

おまとめローンや教育ローンなど、ある程度理由がしっかりとわかっているローンならば、そこまで問題になることはそう多くはないでしょう。

このため、申込ブラックになりがちなのは比較的短期間に用途自由な無担保ローンを借りたり、クレジットカードの新規発行に申し込む人、ということが言えるのです。

ただし、住宅ローンなど理由が明確なローンなどの金融履歴も信用情報機関に登録されるため、可能性を増やすのは間違いありません。

他社からの借入がなければ申込ブラックでもOK?

審査に落ちた場合も記録されますので、借り入れの際には対処方法や気をつける必要があるでしょう。

ちなみに申込ブラックは直近半年間の期間しかチェックされません。

というのも、何件だったとしても信用情報機関は様々なローンやクレジットカードなどの過去の履歴を半年間しか保管しないためです。

このため、例えば9ヶ月前の大きな申請などについては気にする必要はありません。

ただし、こういったことを申し込む会社によってはこれまでの事故の履歴などを保管しているところもあります。

それぞれの信販会社や消費者金融などの会社によっても違いますが、これまでの取引履歴や契約の結果やどうして落ちたのかというようなことを記録している会社もあるのです。

そのような会社の時は申込ブラックでもそうではなくても社内審査で落ちてしまうことがあり、審査に通らないといっても社内ブラックと言ってもいいでしょう。

ちなみにグループ会社のシチュエーションはそれぞれの金融機関ごとに情報を持っているのではなく、グループごとに独自で審査結果を共有しているところもあります。

一見関係ないと思うような消費者金融と有名大手銀行が親会社・子会社の関係性があることも珍しくありませんので、多重債務をし過ぎるとこのような会社の際には内部審査で落ちてしまうことが珍しくありません。

申込ブラックでも融資をしてくれる金融機関はNG

甘い誘惑に騙されて申込ブラックで手を出すと?

ところで、万が一の時になったらどうすればいいのでしょうか。

申込ブラックになった際は、まず最も確実なのは「半年間は申請を新しくしない」ということでしょう。

上で出てきた3社というのは、実はあくまでも一般論に過ぎません。

企業によっては他の会社のローンに落ちたという履歴が過去の履歴に1件でもあれば落ちてしまう、というところもあります。

その一方で審査にゆるいところならば、申込ブラックになりやすい3件以上の履歴があっても全く問題がないところもあります。

これはそれぞれの会社によって方針が違いますし、あなたの信用度合いや収入などによっても違ってきます。

ただ、基本的には追加で一定の期間は登録をしないのが最も良い対処方法でしょう。

気が付かないうちに申込ブラックのお客様が闇金に流れている

この場合は最後に申請をした月の次の月から考えて6ヶ月ということです。

というのも、6ヶ月は間を置けば信用情報での事故履歴は消えるのですから、その後に申込ブラックになりづらいというメリットがあります。

もちろん新しい契約ができないのは不便かもしれませんが、今ある分やローンの枠内などでなんとか工面しておきましょう。

また、もう一つの対処方法としては利用極度枠を上げてもらうということです。

この時はお金が必要になるという対処方法に過ぎませんが、なるだけ利用限度額を上げてもらうことで何とかすることができるのなら、一度申請してみるといいでしょう。

ただ、できれば申込ブラックになる前に新規登録をしておいたほうがいいかもしれません。

というのも、会社によっては最悪の状態の人が増枠申請をしてきたら警戒してむしろ減枠したり、そうでなくても利用停止処理になってしまう可能性もあるのです。

このため、もし新規借入をしすぎていないのなら申込ブラックになる前に申請してしまいましょう。

ちなみに自動で利用極度枠が増えことがありますが、そのシチュエーションでは金融機関やローン会社などが独自に枠を増やしているというだけですので、問題となる可能性は非常に低いでしょう。

また、増枠などについての案内が来た時は審査に通る可能性も高くなるため、もし必要になるのなら積極的に利用していきましょう。

ただしこのパターンはあくまでも可能性に過ぎませんので、何件でも審査によってはやっぱり減額になったり、ある期間で利用停止になってしまうこともあるようです。

何件も審査に落ちて申込ブラックになったらどうすればよい?

半年は申込ブラックは期間を待つしかないのか?

ちなみにそれでもどうしてもお金を借りたい、というようなケースは、こういった信用情報機関を介さないところからお金を借りるというのも一つの方法です。

代表的なこととしては、親や兄弟・友人知人などからお金を借りて何とかするということでしょう。

この場合は個人間での借り入れなので、そこまで信用情報機関などを全く気にすることはありません。

また、銀行によっては定期預金担保貸付といって、期間で預けている定期預金を解約しなくても定期預金を担保として借り入れができる時も対処方法としてあります。

ただし申込ブラックはこの金額はそれぞれの銀行の制度などによっても違います。

基本的には通帳などを持って行って銀行で登録の手続きを行い、お金を借りるというものです。

非常に低金利で簡単にお金を借りられるので、もし定期預金があるのなら利用してみるといいでしょう。

また、個人ならば会社ではなく都道府県の福祉協議会に行き、生活福祉資金などを借りるのも一つの方法です。

ただし、この時は借り入れの際に様々なことを聞かれますし、何件も誤ってシュミレーションした申込ブラックでも状況や期間によっては法律相談や債務整理などについての相談に乗って貰えるシチュエーションもあります。

このため、一度どのようなところになるのかを確認するのも方法でしょう。

万が一、申込ブラックの状態で審査をしても無駄?

申込ブラックでの審査は絶対に落ちる?

ちなみにどんなに苦しくなっても利用しないほうがいいのはいわゆるヤミ金と呼ばれるところです。

こういったところは貸金業法などで違反金利でお金を貸しており、申込ブラックの期間であろうとなかろうと返済の際の金利は非常に大きなものになり、返済が辛いものになりがちです。

過去には近所の住宅に迷惑をかけたり取り立てが非常に厳しかったりして、警察としても問題になることが多かったようです。

このため、出資法で制限されている年20パーセント以上の金利を取るところは避けましょう。

このようなところからお金を借りるのはトラブルのもとなので、いくら苦しくても借りないようにしたいものです。

ちなみに何件で申込ブラックになっても、支払いをしっかりしているのなら追加の利用や借り入れは問題はありません。

いつもどおり普通に利用していれば問題はありませんから、積極的に利用しておきましょう。

また、返済もしっかり行っておけば、期間で与信枠が増えて利用がしやすくなる可能性も出てきます。

与信枠は利用履歴がしっかりあれば上る可能性があります。

対処方法としては、やはり6ヶ月間は新規申込を控え、増枠もできれば申請しないということを心がけましょう。

これはクレジットカードやキャッシングなどの合計なので、とりあえず新しくローンを組むのは考えたほうがいい場合もあります。

申込は計画的に行い、ある程度間をおいて契約の管理を行いましょう。